2018-19年度国際ロータリー バリー・ラシン会長(バハマ:East Nassau R.C.)のテーマは〝BE THE INSPIRATION〟「インスピレーションになろう」であります。分かりづらいので、私の解釈です。Inspirationは、Inspireの名詞形で、Inspireは、鼓舞する・刺激する・激励する・発奮させる、という訳になります。THE INSPIRATIONは、インスピレーションする人(こと)〝BE THE INSPIRATION〟「インスピレーションになろう」「インスピレーションになろう」とは、「周りの人々を刺激し、発奮させる人になろう」という解釈にいたします。

 さて、2018-19年度RI2760地区 村井總一郎ガバナー(豊橋RC)の活動指針の冒頭に、「今、世界のロータリー活動は変化してきています。個人の職業上で奉仕を実践する歴史を歩んできた日本のロータリー感と、多くの人と手を取り合いながら奉仕活動をしてゆく世界のロータリー感との違いは、今の日本のロータリー活動の在り方について考える必要が出てきました。」とあります。私たち知立クラブの活動方針にもこの違いをひしひしと感じます。

 ・例会頻度、形式、出席に関する柔軟性
 ・会員種類に関する柔軟性
 ・社会奉仕活動の在り方

等々、国際ロータリーはクラブ裁量権の大幅な拡大を認め、クラブの方向性を自ら決めるようにと促されております。クラブ定款ではカバーできない事柄や、職業分類・会員資格・会費・例会開催日数、など推奨クラブ細則の見直しも必要になります。知立クラブ30周年を2年後に控え、本年は今一度クラブの知力・体力と団結力を身に着けられるような、一年になるように活動いたします。




 テーマ 『 心 を 磨 き、奉 仕 す る 』
    ~ロータリーを学び、地域社会に刺激と活力を与えよう~

  1. 例会は知立クラブの会員のために開催する。
  2. 笑顔と笑い声のあふれる例会進行に努める。
  3. 感性的親睦と精神的親睦を極める。
  4. ロータリーの奉仕の理想を学ぶ。
  5. 知立クラブの方向性を探る。
  6. 地域の社会奉仕活動として、「ロータリーデー」を開催する。
  7. クラブ運営の基盤、会員増強に努める。
  8. 明るく、楽しく、元気よくポジティブに行動する。