テーマ「各会員企業の経営基盤を更に盤石にし、奉仕活動の質・量の更なる拡大を目指す」

 1.実りのある例会を開催する為に、会長は例会での皆様への挨拶に命を懸ける!(つもりで)。

 2.会員相互の親睦を深め、更なる信頼関係を構築する為、個々の会員をより深掘りする。

 3.定款細則変更の中身、職業分類、入会金の扱い等を正しく提議し、会員増強時の混乱を防ぐ。

 4.会員のRCへ求める付加価値を明確にし、第一優先として退会防止に努め、結果として2名の
   純増を図る。

 5.RCの地域に於ける価値有る活動をアピールし、且つ、ブランドイメージを高め、魅力有るRCへ
   の加入を行う。

 6.新入会員への支援、新人研修をシステム化する。

 7.WFFを全員参加の下成功させ、ポリオ撲滅早期達成の一助を果たす。

 8.奉仕の多様性と柔軟性を模索し、新たな奉仕活動を定着させる。

   -----RCとして、NPOと連携した社会奉仕活動

   -----RCとして、BCP、震災等を想定した各会員企業に於ける「防災マップの作成」「食料の
     備蓄」帰宅困難者の受入れ」「行政からの卓話」etc活動

   -----RCとして、地球温暖化防止プログラム・あいち生物多様性戦略2020への参画、一人一
     本の植樹活動etc活動

 9.理事会とは別に知立RCの中長期戦略を構築する為に、「クラブ戦略委員会」の設立を模索し、
   2018年3月末迄に具現化する。

 10.杜若大賞の候補者を会員全員で選び・推薦し・表彰する。

 11.米山奨学生の相互理解に立った受入れと、将来のRCの広告塔になってもらうべくサポート
   する。

 12.My Rotaryに登録し次世代コミュニケーションとして活用する。

 13.各種奉仕活動に積極的に参加し、皆で汗をかきましょう。

 14.BCPの一環として知立市防災訓練に参加する。