2017~2018年度会長 福岡 宏則

 この度、歴々の諸先輩方々が築き上げられた栄えある、伝統の重みを感じる知立ロータリークラブの会長としてご推挙いただきました。身に余る光栄としてお受けし、襟を正すつもりで当年度を皆様の名を汚さぬよう努めるつもりで任を全うしたいと考えております。
 思い起こせば、2008年のリーマンショック直後、弊社の指揮を執るべく社長を拝命した以降、会社存亡の瀬戸際の中で、幾度知立ロータリークラブへのお誘いが有る中、失礼ながらその能力も資質も無い事を理由にお断りを申しておりました。
 その様な中、何とか業績にも期待が出来得る光明が見え始めた2012年10月に私如きがと思いながらも入会をさせていただきました。
爾来、皆様のご迷惑にならない様に、諸活動の下支えが出来得る様なロータリアンになれればと思い参加をさせていただいておりました。これからも、宴会課長?か部長?なら何とか置いていただけるのかな?っと思っていた矢先に今回の拝命をいただき正直大きな戸惑いと、大きな実力不足を感じ、当時の任命委員長様から夜な夜な逃げ回っていた事を今でも鮮明に覚えております。
 然しながら、此処で腹を据え、待ちに待った新年度がやっと来ると言う思いで任にあたろうと考えております。
 エレクトとして各種教育を受けて参りましたが、ロータリー活動に関し、理解を新たにした所と同じぐらい更に疑問を深めている所もございます。
ひとえに皆様からのご指導と支えが無ければ執り行えないと言う事も事実です。
 見捨てず、忌憚の無いご意見を賜りながら過ごしていきたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。
 *国際ロータリー会長   MR.イアン・H.S ライズリーのテーマ
   MAKING A CHANGE(変化をもたらす)
 *第2760地区ガバナー 神野 重行氏の地区方針
   「今日からのロータリーを楽しもう!」
を、念頭に置いて、知立ロータリーの地域での認知度を高め、特に若い会員がロータリーに集う楽しさを体現してもらう中で更に才能あふれる新会員の参加が望められたら良いね!を目標にしつつ一生懸命取り組ませていただきます。
 先輩会員の好きなフレーズに「楽しくなければロータリーではない!楽しいだけではロータリーではない!」が有ります。自分なりに解釈しますと、先ず以ってロータリー活動の基盤である企業活動を健全にし、羽目を外しながらも紳士的に交流を深め楽しみ、その結果としての奉仕活動に積極的に参加し、大いに、有意義に汗をかく・・・事かなと思っております。 加えて、折角の異業種交流の場であるロータリーを、最大限活かす事も考えたいと思っております。
 増々混沌とした世界、経済情勢の中、少しでも皆さんの知恵を結集する事に依って 新たなビジネスモデルが構築できるのではと夢見ています。 そのビジネスをインフラとしてもっともっと大きな奉仕活動が出来たら良いなと夢見ており、大いに討議したいと思っていますので宜しくお願いします。
 尚、後半の部分で重点項目を多々挙げさせていただいております。
これは、当年度、1年限りで全てやり切れる事では無く、中長期方針として捉え、今後の継続活動を如何にするかというクラブ戦略をどう構築するかを提案させていただいております。これらも皆様と継続審議・討議をしたく考えております。
 最後になりましたが、「目配り、気配り、心配り」「おかげさまです」「報・連・相とコミュニケーション」「成したことには全て価値が有る」「今が青春!何事にもときめこう!」等々をキーワードにロータリー活動に止まらず、皆様と拘わりをもって時間を過ごしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお付き合いの程お願い申し上げ挨拶とさせていただきます。